前へ
次へ

宝石買取で付けられる価値の内訳

買取対象として有名な宝石ですが、単体として持ち込んだ際には、宝石そのものにはほとんど価値が付かないことも少なくありません。
額が付けられるとしても、リングなどに使用される金やプラチナなど価値がほとんどというわけです。
なのでどうしても換金したいけれども、宝石に対する愛着や未練が残っているのであれば、取り外して地金だけを売ってしまうという選択肢もあります。
そうすると別の地金でコストを低く作り変えたり、別のアクセサリーに変化させることもできます。
デザインを変えたい時に、下取りのように利用するのもひとつの手です。
また宝石自体に価値があるとしても、その中でダイヤモンドだけは特別で、独自の相場などで取り扱われています。
逆にダイヤモンド以外だと査定が難しいので、ルビーやエメラルドなど色が付いていて質の良いものを買取してもらうのであれば、その価値を見極められる確かな目を持ったところに依頼しなければなりません。

Page Top